仕事・働き方
行動心理士 長谷川ミナの「OLセラピー」
17.Jun.2018

【OL心理学】「SNS疲れ」が急増中!ストレスのないSNSの活用法とは?

SNS疲れの原因はなに?

では、この「SNS疲れ」、いったい何がそうさせているのかというと、シンプルに人間の本能的な「欲求」です!

SNSには、自分が発信した内容に“いいね”“コメント”など、何かしらのアクションができる機能がありますよね。
コメントがたくさん来る度に嬉しくなったり、あまりコメントがないと「自慢になってしまったかな⁉」などと一喜一憂したり。

「認められたい!」「共感されたい!」と思う「欲求」こそが、SNSに依存する原因となります。その結果、精神的・身体的に疲れた状態に陥ってしまうのです。

まずはその「欲求」について詳しく知っておきましょう!

人が本質的に求めている欲求を5段階で表した「マズローの5段階欲求」というものがありますが、その中でSNS疲れを増幅させてしまう3つの「欲求」をピックアップして紹介します。

①所属と愛の欲求
自分もコミュニティーの一員であると感じたい欲求です。
具体的に「流行に遅れたくない」「自分も同じレベルだと思われたい」「他人に嫌われたくない」など。

②承認欲求
他人から認められたい、尊敬されたいと感じる欲求です。
具体的に「注目されたい」「負けたくない」「可愛いと思われたい」など。

③自己実現の欲求
最終的に自分の「理想とする人」になりたいと感じる欲求です。

もちろん人にはこのような欲求があるのが当たり前のことなのですが、SNSを介することで必要以上に翻弄されてしまいがちなのです。

それを意識するだけでも、冷静に自分の感情を捉えることができるので、常に心に留めておくようにしましょう。

次のページ>>「SNSに振り回されないためには?」
27 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ