仕事・働き方
行動心理士 長谷川ミナの「OLセラピー」
05.Mar.2020

気分の浮き沈みが激しい!落ち込んでしまう原因と対処法とは?【OL心理学】 行動心理士 長谷川ミナの「OLセラピー」

どのように対処すればいい?

人は誰しも落ち込むことに対して嫌悪感を持つものです。しかしそう思うことは、言い換えれば「いつもいい気分でいたい」「理想な自分であり続けたい」と思うことでもあるのです。それによって、“落ち込んでしまう自分を許せない”と思う気持ちや、出来ていない“自分への罪悪感”を感じやすくなってしまうのです。

しかし、人には必ず気分のアップダウンはあり、ずっと気分がいいことはないのです。「自分だけが落ち込みやすい」「なんで思い通りに行動できないのだろう」と自分を否定してしまうと、さらに落ち込みを加速させてしまいます。そう思ってしまう時は、気分のアップダウンは誰しもあることなんだ、今はそんな時だよね、と自分で自分を認めてあげるようにしましょう。

先にお伝えした原因から、ストレスは精神的にも多大な影響を及ぼします。プラスな気持ちを湧き起こすためにも、友達と遊んだり、趣味の時間を作るなど、自分の心の状態がプラスになるような時間を積極的につくることも大切です。

また、相手の言動が気になりすぎてしまう場合は、“評価基準を周囲に求める”→“自分のために生きる”ということへと気持ちにシフトしていくことが大切です。周りの目を気にして、周囲の評価を軸とした生き方になっている状態は、自分の人生ではなく、他人の人生を生きているようなものです。そもそも人は価値観が全く同じ人はいませんので、全ての人に良く評価されるというのは不可能に近いことなのです。そのことを常に心にとどめ、自分の人生を軸に考えていくようにしましょう。

▼こちらも参考にしてください
もう周りの目を気にしない!自信がもてるようになる3つの心理学テクニック

そして、今の仕事で全く楽しさを感じないという場合は、そもそも自分に向いていない仕事の可能性もあります。例えば、今の仕事で目標がなかったり、やりがいがないなど、力の入れ方がわからなくなってしまっているかもしれません。仕事選びの軸が自分のやりがいや実績を求めるものであれば、もっと自分にとって糧になる仕事を探す必要があるかもしれません。もちろん自分にとって何か優先なのかによって選ぶ仕事は人それぞれ違うと思いますが、自分が優先したいことと仕事の内容が合っていないのかもしれません。

もちろん理想的な仕事でも、常に楽しいことが続くことはありません。問題が起こることもあれば、辛いこともあるでしょう。そんな時は、ランチは美味しいものを食べる、好きな音楽を聴くなど、気分転換として自分が楽しめる時間を作って心の状態をよくする作業も重要です。

私の場合は、自分の時間を持つことを優先したかったのにも関わらず、常に仕事に追われていたことに原因がありました。あと、人の目を気にしてしまう精神的な疲れです。そのことに気付き、仕事を変え、“自分のための人生”を持ったことで、必要以上に落ち込むことはなくなりました。

このように、自分の気分が落ち込んでも、それをプラスにするためには、“心のゆとり”“自分を理解し認める”ことが大切なのです。

Eさんも今一度、自分の中の落ち込む原因を見つめ、現状の生き方、仕事への意識を変えて、落ち込み期を“自分のために活かすきっかけ”にしてみてはいかがでしょう。

ということで、 今回の合言葉は……

「落ち込んだ時こそ自分らしさを知るチャンス!」です。

ではでは、皆さまのよき日々を願って……♥
また来週!

皆さまの職場でのお悩みを募集しています!
同僚のこんな言動に悩まされている、 こんな状況のときはどうしたらいい? など、ささいなことでも構いませんので教えてください!

▼受付中~!
https://jn.kds.jp/with/6436/

PROFILE
著者:長谷川ミナ
アラサーの行動心理士。日課は瞑想すること。祖母譲りの強い直感で分かるオーラに加え、行動から見える他人の心理を読み取り、皆さまの日常の悩みやモヤモヤを紐解いていきます。
http://profile.ameba.jp/hasegawa37/


写真:AGE FOTOSTOCK/アフロ
34 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ