仕事・働き方
行動心理士 長谷川ミナの「OLセラピー」

職場の“他人に興味がない後輩”とどうコミュニケーションを取るべき?【OL心理学】

他人に興味が持てない人の心理って?

他人に関心が持てない人にはどういった原因があるのか、考えられる心理状況をいくつか理解しておきましょう。

・人との関係でネガティブな経験がある

大きな原因として考えられるのは、過去に信頼していた人から裏切られたり、幼少期から親に精神的な虐待を受けてきた経験があったりと、人との関わりにトラウマや恐怖心などがある場合です。自分が傷つくのを避けるための“自己防衛”として、人と距離をとるようになるため、結果として他人への興味関心がもてなくなります。

・自分に自信がない

これまで努力をしてきたことが報われなかったり、失敗を繰り返してしまったりしたことで、精神的なショックを受けた経験があるパターンです。何をするにもやる気が出ず、どこか冷めた考え方になってしまいます。ネガティブな感情を抱えているため、今の仕事に対しても他人事になってしまう要因に。

・自分のことしか考えられない

職場の人と関わる中で「●●さん大丈夫かなぁ?」「今何を考えているのだろう」などと同僚のことを考えることはよくあることですよね。しかし、あまり人の気持ちや状況を気にすることがないのは、自分のことしか考えていない人である場合も。これは何かに囚われることや、迷いが生じることを避けたいがために、自分の考えや行動にのみ、集中しているのかもしれません。自分軸で行動ができると、誰かに意見や思考を振り回されることがないので本人としてはストレスが少なくなります。過去に人に振り回されて精神的なダメージを受けた経験がある人が自分の考え方をコントロールしているのかもしれません。
また、仕事よりも優先したいことがあってそのことで手一杯な場合や、目の前の仕事をこなすだけで精一杯で他の人のことまで考える余力がない状況も考えられます。
このように、他人に興味がないタイプの人は、様々な要因が考えられます。自分に自信が持てないことや、ネガティブな考えが根底にあることで自分の殻に閉じこもってしまうパターンと、あえて距離を取っているという人もいます。どうして無関心になっているのか、相手のことを理解してみるだけで、接するべき方法が見つかるきっかけになります。
次のページ>>他人に興味がない人とどう接していくべき?  
38 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ