仕事・働き方
行動心理士 長谷川ミナの「OLセラピー」
15.Jul.2018

「雑談が苦手」を克服!気持ちが楽になる考え方とは?【OL心理学】

では、どう変わればいいの?

いつも面白いネタを話す人や、それを聞いて笑っている人など、コミュニケーションの取り方は人それぞれです。
何がダメで、何が良いとか、そういった優劣はありませんし、比較する必要もないのです。

そもそも、何気ない会話というのは、お互いがその瞬間を楽しみ、共有しているだけでもあります。
なので、「こうあるべき!」といった考え方や、そこで「私はどう見られているか」など他人の目を気にするようなことではありません。

ここで無理に話題に入ろうと繕ったり、苦手意識を持って接してしまうと、相手にも負の感情が伝わってしまいますし、何より自分が苦しくなってしまうだけです。

なので、まずは、力を抜いて“自分が楽しむ”ことに意識を向けることをおすすめします!

無理して楽しもうとしたりはせず、自分が本当に興味のあること、話したいと思った時にだけ自然に反応すればいいのです。


私の場合も、みんなが話している内容が面白くてニヤニヤして聞いていたら、「何ニヤニヤしてんの~!(笑)」と話しかけてくれるようになったこともありますし、その方が自然に会話を楽しむことができました!
また、自分から無理して話題を振るのではなく、「例えばそれってどんなことですか?」など、相手の話しに耳を傾けるようにしていました。

その方が自分には合っていたし、何より人の話しを聞くことの方が楽しいと思えたからです。

なので、Oさんも、無理をせず興味があることや好きなことに自然に反応していくことから始めてみてはいかがでしょうか。

そう思うと、人の輪の中にいることがラクになるはずです!

コミュニケーションに正解はありません。
Oさんが心地良いと感じるコミュニケーションの取り方をしていくようにしましょう。

ということで、 今回の合言葉は……

「本来の自分のままで!」です。

ではでは、皆さまのよき日々を願って……♥

また来週!

皆さまの職場でのお悩みを募集しています!
同僚のこんな言動に悩まされている、 こんな状況のときはどうしたらいい? など、ささいなことでも構いませんので教えてください!

▼受付中~!
https://jn.kds.jp/with/6436/

PROFILE
著者:長谷川ミナ
アラサーの行動心理士。日課は瞑想すること。祖母譲りの強い直感で分かるオーラに加え、行動から見える他人の心理を読み取り、皆さまの日常の悩みやモヤモヤを紐解いていきます。
http://profile.ameba.jp/hasegawa37/


写真:plainpicture/アフロ
25 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ