仕事・働き方
#おしゃれOLさんのスキルアップ

「好き」を仕事に変えた3人の起業家が大事にしてきた「あること」

日本全国、わたしたちの“きゅん”ビジネス

さまざまな分野で自分の本当にやりたいことを実現している女性たち。どんなときめきがきっかけでビジネスをはじめ、何に悩み、何を目指しているのかを聞いてみました。

サロンで出会えた笑顔をもっと世の中に伝えたい

rihkaディレクター・hair&make-up 松田未来さん(36)

世界観が人気のコスメブランドrihkaをプロデュース
Instagram:mira0911
HP:https://rihka.com/
pattern_1

美容の力で自分を、相手を認めて肯定してあげたい

「中学生で初めてパーマをかけたとき、外見も内面も自信がついて自分のことを少し好きになれました。その経験から美容を通じて希望を持てる人を増やしたいと思うようになり、美容の道に進みました。

人に惹かれて就職した大阪のサロンではディレクターも店長も経験させていただいたのですが、“もっと違う形の美容で、世の中に還元したい!”と思い、31歳のときに上京することを決意。

サロンワークで培ったカウンセリング力や共感力を認められて、プロデュース業に声を掛けてもらえたと思っています。サロンで鍛え上げられたので、売り上げなどの数字にも強い方です。

自爪を整えた時の感動が忘れられず、爪の美しさにはパワーがあるというメッセージを原点に始まったrihka。自分が作りたいもの、お客さまにとって良いものとは何かを考え続けながら、長く愛されるブランドに育てていきたいです」

rihka

pattern_1
「すべての人にとって、光と救いになるような活動がしたい」という思いから生まれたコスメブランド「rihka」

ファッションやライフスタイルに溶け込む色使いは、未来さんの身のまわりの「好きな色」を再現したもの。

松田さんのビジネスHISTORY

20歳 美容専門学校を卒業後大阪のサロンに就職。ディレクターや店長を務め、11年勤務

31歳 東京へ拠点を移し、ヘア&メイクアップアーティスト活動を開始

33歳 オンラインメディアで美学の連載をスタート。その後書籍化

35歳 rihkaをスタート
次のページ>>辛い時期でも続けられたアクセサリー制作をビジネスに  
51 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ