学び・仕事
#おしゃれOLさんのスキルアップ

一人だけで頑張らないために、香椎由宇さんが考えること【一緒に暮らし、共に働く。私たちらしい、おうち時間と仕事時間 vol.3】

コロナ禍を経験し、かつてないほど「おうち時間」が注目されている今、あらためて家族という存在の不思議さに気付かされる。家族を作るとはどういうことか、家族と心地良く暮らすためにはどうしたらいいのか。そして、その中でどう自分の夢を実現させていくのか。正解はなく、誰の事例もそのまま自分に当てはまるわけではない。ただ、憧れの人も、同世代の女性も、悩みながら家族と支えあっている。“自分だけではない”という事実が、あなたの気持ちを軽くしてくれますように。

香椎由宇さんが、with読者のお悩みに回答

以前の自分を振り返り、「なんであんなに頑張っちゃったんだろう?」と笑顔で首をかしげる香椎さん。読者と同じ悩みを抱き、もがいた彼女が今だから言える“一人で頑張らない”コツを伺いました。
pattern_1


シャツ¥35200、スカート¥38500/ウジョー ダンスキン(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター) ピアス¥101200、リング¥61600/ジジ(ホワイトオフィス)
【PROFILE】
かしいゆう・1987年生まれ。’01年、『mcSister』でモデルデビュー。’05年、映画『リンダ リンダ リンダ」で主演。その後さまざまなドラマや映画で活躍。4月スタート毎週月曜22時(カンテレ・フジ系全国ネット)『恋なんて、本気でやってどうするの?』に出演。“超サバサバ&ちょいミステリアスな恋愛指南者”中川岬希を演じる。

一緒に生きるって難しいけど楽しい!

Q1. 家での役割分担

家事について、分担を決めずできる時にできる人がやるという形にしていますが、お互い忙しく結局自分がやっています。役割を決めた方がいいのでしょうか?
(教育系・28歳)

A1. 分担を決めるなら、柔軟性は必要。「家事」や「子育て」も仕事だから、もっと対等に考えていいと思います。

家事分担を決めることは、スタートとしてはいいと思います。ただやっぱり柔軟にしていかないと継続させるのは難しいとも思う。例えば仕事が忙しくなって、それに伴って家にいる時間も少なくなってきているのに、最初に決めた分担のままでは生活が回らなくなる。無理だなと思ったら、その都度お互い助けを求められたらいいですよね。私もそれに協力します、だったらあなたも大変な時に協力してくださいねと。私はすぐに「ごめんなさい! もうできません!」って言うので(笑)。そもそもなんですけど「家事」も「子育て」も夫婦二人の「仕事」。なんとなく女性の方がそれを負ってしまう場合が多いけど、そこは対等なはずです。とにかくこれだけは言えます。「一日仕事休んで子育てやってごらんよ!」

Q2. 夫婦の時間、一人の時間

子育てをしていると、自分一人の時間やパートナーと二人だけで過ごす時間が取れません。
(広告業・32歳)

A2. 罪悪感を持たず人に頼るのが一番。 ……私も昔は全然 頼れなかったけど(笑)。

一人の時間もパートナーとの時間も「作ろう!」と思って行動しない限りたぶんできないと思います。そこは、罪悪感を持たず人を頼るのが一番。それは自分たちのためでもあるし、子どものためでもある。だって、それがストレスになって子どもに当たってたら意味ないですもんね。私は一人で子育てしなきゃいけない時があって、その時に近所の知らないおばあちゃんが「あんた大丈夫!?」って声をかけてくれて、救われました。今は一時預かりも調べればたくさん出てきます。それこそ、友達が「預かるよ」って言ってくれたらそれに甘えてもいいと思います。
次のページ>>パートナーとのコミュニケーションについてのアドバイスはこちら!
30 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ