仕事・働き方
#おしゃれOLさんのスキルアップ

約20年続くブランドを刷新「20代の若手社員」が実現するために大事にした“強み”とは?

私たちのワークストーリー Vol.3

どんな仕事にも、一つ一つに込められた想いがある。そして、この世の中には働く人の数だけストーリーがある。働き方や自分のやりたいことが明確になりつつある今、仕事への向き合い方や求めるものも変わってきているはず。悩みながらも懸命に今を生きるwith世代の女子たちのワークストーリーを大公開!

個々の“得意”の相乗効果で社内の「こうあるべき」を変えていく

pattern_1
【PROFILE】
コーセー コンシューマーブランド事業部
写真左
プロジェクトリーダー
伊藤理恵さん(29歳):入社8年目。プロジェクト発足前より、FASIOの商品企画を担当。今回初めてリーダーを経験。さまざまな部門から集まったメンバーをまとめあげる。 

写真右
販売企画
谷津祥美さん(27歳)
:入社6年目。3年間のドラッグストアを中心とした店舗営業を経て、販売企画へ。異動と同時にメンバーに抜擢。プロジェクトでは主に、「利益を出せる仕組みか」と冷静な判断で数字周りを担う。

約20年続くブランドFASIOのリブランディングを20代若手チームで

今年6月にリブランディングしたコスメブランド「FASIO」。

■伊藤さん(以下:伊)「2年前くらいに、20代中心のチームが、リブランディングのために発足。これまでは企画やデザイナーなど各部門による分業制でしたが、今回は企画段階からさまざまな部門の人が集まり、共に励みました」

谷津さん(以下:谷)「進行する中で一番苦戦したのは、約20年続くFASIOの社内にある『こうあるべき』を変えること。固定観念を払拭するため、今FASIOを使っている人、使っていない人、インフルエンサー、現場で販売する人などにヒアリングを実施。『50代のお母さんが買っているイメージ』『レジに行くまでにテンションが下がる』など手厳しい意見も決裁の場では包み隠さず現状を伝えました」

■伊「谷津さんは私よりも分析力が長けているので、そこは信頼して頼りました」
■谷「一方で、私は社内の人を納得させられるほどのプレゼン力がなかったので、伊藤さんに何度も相談。個々の力がそれぞれ合わさることで、結果として社内の理解を得ることに成功。その過程でチームの連帯も強くなったように感じます」

■伊「チームのみんなが自分ごととしてきちんと本音を言える環境は大きかったです。『こんなことを言っても消されちゃうんだろうな』っていう気持ちが、今までみんな、どこかしらにあったのでは」

■伊「徹底的な市場調査や世間の声を聞く姿勢が私たちの強み。コスメって必需品ではないけど、人を喜ばせることはできるんですよね。今後も強みを生かした商品作りで、人々に幸せをお届けしていきたいです」
次のページ>>お二人の「働く」モットーは?  
27 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ