仕事・働き方
#おしゃれOLさんのスキルアップ

「なんであの子ばっかり?」「私だって頑張ってるのに…」そう他人と比べてしまったときすべき“一歩先の分析”

書店に行くとさまざまな自己啓発本が溢れている。仕事でちょっと悩みはあるし覗いてみたはいいけれど、「並んでいるタイトルを見るとキラキラしすぎている……」「自分にはちょっと意識が高いかもしれない」と感じた人もいるはず。そんな人におすすめなのが、『「フツーな私」でも仕事ができるようになる34の方法』(日経BP)である。

著者は、2018年に『ブスのマーケティング戦略』(文響社、のち集英社文庫でも発刊)を出版し、ご自身の経験をもとに「女性が見た目以外の武器を持って、人生を幸せに生きる方法」を提案し、話題となった税理士の田村麻美さん。今回の本は、「自分には能力がない、仕事でなかなか評価されない」と悩んでいる人に向けた一冊である。そんな田村さんにインタビューを実施。インタビューvol.2では、自分を卑下しすぎたり他人と比べない方法などについて伺った。
pattern_1

「相手が何を求めているか考えて柔軟に対応する」のは仕事でもプライベートでも大切

――自分を過剰に卑下したり、誰かをひがんだりしないためのコツ、ってありますか?

田村麻美さん(以下、田村) そうですね……。世の中、需要と供給がマッチしていないだけ、というケースは結構あって。たとえば、「人一倍仕事の量をこなして残業もしているのに、上司が評価してくれない」という不満があったとします。それなのに、自分より仕事をしていない同僚が評価されている。「なんで!」という感情を一旦置いて同僚を観察してみると、一つひとつの仕事を丁寧にこなしていて、ミスがひとつもないことがわかった。ということは上司が求める能力は、“量やスピード”よりも“正確性”ということですよね。どれだけ勤務時間が長くても、たくさん成果物をあげても、内容が雑だったら意味がないわけです。

――求められていることに応えられていないのだから、そりゃ評価は下がりますよね。

田村 「どうせ自分なんか何やっても評価されない」とか「なんであいつばっかり」とか思ってしまう気持ちはわかります。ですが、「評価されていない」という客観的な把握ができているならば、もう一歩先の分析をして、どうすれば状況を改善できるかを考えたほうが、結果的にトクなんです。相手が何を求めているかを考えて柔軟に対応する、ということを常に念頭に置いておく、というのは仕事でもプライベートでも結構重要かと思います。
――コミュニケーション能力が重視される職場では、そんなに仕事できなくても、飲みの場によく顔を出すというだけで、心象がよくなっている人も多いですよね。

田村 「そんなのおかしい!」って思うかもしれないけど、大事なのは多分「こいつはやる気があるな」「会社に対して貢献する気があるな」と認識してもらうことなんですよ。そうすると、飲みの場に行かなくてもアピールする方法はいろいろありますよね。別に、毎日毎日、やる気いっぱいで愛想よく仕事する必要はないんです。でも、たとえば私の本音……「別に仕事にやりがいはないし、生きるために働いているだけですから」なんて言ったら普通に感じ悪いじゃないですか(笑)。だから上司の前では、建前として、上司が望む部下としてふるまう。それは決して嘘をついているわけでも、媚びているわけでもなく、仕事を円滑に進めるための業務のうちかなと思います。
次のページ>>とはいえ、職場の理不尽さに耐えられないならさっさと辞めていい  
29 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ