仕事・働き方
#おしゃれOLさんのスキルアップ

「なんであの子ばっかり?」「私だって頑張ってるのに…」そう他人と比べてしまったときすべき“一歩先の分析”

とはいえ、職場の理不尽さに耐えられないならさっさと辞めていい

――「いたしません!」の態度で許されるのは、突出した能力をもった人だけですからね(笑)。

田村 そうそう(笑)。とはいえ、執拗に飲み会参加を強要してくるとか、どんなに頑張っても評価されないとか、職場の理不尽さに耐えられないようなら、さっさと辞めちゃっていいと思います。どんなに合理的に対処しようとしても、感情でふりまわしてくる相手には太刀打ちできませんから。

――日本人はどうしても、我慢を美徳と思いがちですし、あまりに早く辞めると自己嫌悪に陥る人も多いですからね……。

田村 個人的には、苦手・できないと思っていることも一度は試してみたほうがいい、とは思うんです。やってみたら案外向いていたってこともありますし。ただ、精神的に追い詰められてしまうくらいなら誰がなんと言おうと辞めたほうがいい。私自身、最初の職場は二年足らずで退職、次も一年しか続かなかったので、自分はダメ人間なんじゃないかと落ち込みました。でも今は、あの時の判断は良かった、と思う。だからみなさんも、自分の心と体を第一に考えていただきたいですが……。

――見極めが、むずかしいですよね。

田村 そうなんです。そして業界によっては、どの会社も風土が似たり寄ったりであるとか、勤続年数に評価の比重が置かれるとか、辞める=業界から離れなくてはならなくなる、という場合もあるので……。そういうときはやっぱり、vol.1でお話しした、自分の“俗っぽい欲望”に立ち返るのがいいのかな、と思います。どこまで自分が頑張りたいのか、今の自分に何ができるのか。一つひとつ、考えていくしかないですし、考える余地もないほど追い詰められているなら、一旦逃げるのも手だと思います。
次のページ>>自分と他人をすぐに比べてしまうのは、大人になると他人の“偏差値”も見えなくなるから  
29 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ