仕事・働き方
#おしゃれOLさんのスキルアップ

「梶裕貴がもし声優を辞めたら? 」サッパリ言い切った気になる答えとは?

トップをひた走る人気声優が語るプロ論

きっと誰もが聞いたことのある声の持ち主、梶裕貴さん。14歳で声優を志し、まっすぐにその道を歩いてきた“声の芝居のプロ”である一方、アパレルブランドのプロデュースやYouTubeなど活躍の幅を広げている。その裏には「すべての経験を声優に生かせる」という深く熱い思いがあった。

働くとは。プロとは。答えは簡単に出せそうにありません

役者ってめんどくさい方が面白い。そんな気がしています。

pattern_1
[梶裕貴]着用衣装/すべてスタイリスト私物
声優という絶対的な軸がありながら、様々な分野のエンターテイメントに挑み、声優界のいわば先駆者として進み続ける梶さん。どんな仕事も真摯に捉え葛藤し、自身を「めんどくさい自覚がある」と分析し、「それでも役者はめんどくさい方が面白い気がします」と微笑む。

「本当にやりたいことなら、お金はいらないとすら思ってしまうんです。まぁもちろん、実際はそれじゃあ困るんですけどね(笑)。もし声優を辞めたら?どうなってしまうんでしょう……。いや、辞められないと思いますね。何か事情があって、どうしても辞めざるを得なくなっても、絶対に“これで良かったのかな?”と考えてしまうはず。生活拠点を海外に移して、アニメや声優の情報を遮断するくらい徹底していないと、たぶん無理でしょう。

それこそ話題作のアニメ化の話なんかを耳にしたら、『自分がその役をやりたい!』と思ってしまいそうで(笑)。仕事をする中で、当然“やりたいこと”だけじゃなく“やらなきゃいけないこと”や“しておくべきこと”もたくさんあるわけで……、それを辛いと感じることも少なからずありはします。働くこととは? プロとは? これって、すごく難しくて、面白いテーマですね」
好きなことを仕事にできたとしても、やり続けるうちに“好き”なだけではダメなことに気付いてしまったり、好きかどうかわからなくなってしまったりすることもあるだろう。けれども「もし好きじゃなくなってしまったら、その時、ようやく僕は辞められると思います」と、気持ち良いほどサッパリ言い切った。

投げかける質問に対し時折頭を悩ませながら、穏やかな口調でひとつひとつ丁寧に答えていく梶さん。どこまでも謙虚に自分を見つめ、まわりにいる様々な立場の人への配慮を決して忘れない。梶さんが颯爽と取材現場に現れてから次の現場へと向かうまでの2時間、そんな姿勢が十分すぎるほど伝わってきた。きっとどんな仕事に対してもどんな場面でも、梶さんはそうやって向き合っているのだろう。

PROFILE

かじ・ゆうき/1985年9月3日生まれ。東京都出身。高校在学中に事務所主催のオーディションを受け特待生として合格し、養成所に入所。2004年にゲームで声優デビュー。代表作に『進撃の巨人』のエレン・イェーガー役をはじめ、『七つの大罪』のメリオダス役など。昨年WOWOWオリジナルドラマ『ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~』で実写連続ドラマ初主演を果たした。

劇場版アニメ 『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』 公開中!!

pattern_1
©2021「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 ©堀越耕平/集英社
原作シリーズが世界累計5000万部を突破し、圧倒的な人気を誇る『僕のヒーローアカデミア』。その劇場版アニメ第3 弾が8 月6 日(金)全国東宝系にてロードショー。梶裕貴さんは、メインキャラクターの轟焦凍役を担当! ぜひお見逃しなく。

続きはwith9月号でお楽しみください♥

こちらの記事もオススメ!

pattern_1
撮影/峠 雄三(人物)、水野昭子(静物) スタイリスト/SUGI(FINEST) ヘア&メイク/中山芽美(e-mu) 取材・文/吉井のり子 構成/佐藤美穂 デザイン/マッシュルームデザイン 撮影協力/AWABEES、TITLES

●再構成with online編集部  ●商品情報はwith2021年9月号発売時点のものです。
 
22 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ