仕事・働き方
#おしゃれOLさんのスキルアップ
28.May.2019

「今すぐ会社を辞めたい!」仕事の内容、人間関係、お給料etc. そのときまずすべきことって!?

今の仕事をこのまま続けていいのか悩んでいる人へ

就職してから3~4年くらいたつと、仕事や職場の環境に慣れてくるため「マンネリ」を感じてしまう一方で、頑張っているのに周囲からほめられる機会が減ってきます。また、仕事を任されてやりがいは感じますが、新人の頃にはなかった不安や不満が生じてくることも…。
しかし、「ほめてくれない」「仕事を任される」のは、周りがあなたを「一人前」と認めているとも考えられます。そんなときの「困った!」「できない!」は、さらにあなたをスキルアップさせる糧になります。

「今すぐ会社を辞めたい!」と思ってしまう理由はどこにあるのか…。仕事の内容か人間関係か、それとも収入なのか? そこをハッキリとさせれば、このままキャリアを重ねていくため、あるいは、環境や職種を変えて出直すために「やるべきこと」が見えてくるのです。

不安や不満がいっぱいの「現実」、そしてこうありたいと思う「理想」を知るためにおすすめなのが、「五角形のワーク」。2~3ヵ月を目安にして、「現実」と「理想」のギャップを埋めることに取り組んでみましょう!

目の前の出来事に白黒はつけない!まず「現実」を「理想」に近づけることから

「現実」と「理想」を五角形のワークで目で見える形にしてみよう!
pattern_1
【進め方】
①それぞれ10段階で5つの項目を評価してみましょう。
[モチベーション]=仕事に対するやりがい
[ポテンシャル]=現在の状況で、自分の強みが育つか、成長できているか
[ビジョン]=自分が目指す地位、キャリアに到達する可能性
[プライベート]=私生活、収入の満足度、充実度
[コミュニケーション]=人間関係の満足度、充実度

②期間は3ヵ月が目安、長くても6ヵ月以内に評価の見直しをしましょう。定期的に評価をして仕事のやり方、人付き合いなどを見直し、「理想」の五角形に近づけていきましょう。

このワークで何がわかるの?

上の例だと、現時点では現実>理想の[プライベート]は気になる問題ではなく、私生活や収入面の充実度はこのままにしても、不満や不安を感じてしまっている、現実<理想の[モチベーション][ビジョン][コミュニケーション]で改善ができ、評価がアップすれば「理想」に近づくことができます。

自分の「理想」は意外とわかっていない!「理想」と「現実」の見える化を!

「理想」と「現実」のギャップが5つの項目でわかれば、自分が今何に取り組むべきなのかが見えてきます。一つ一つクリアにしていくことで、どんどん状況は変わっていきます。

『図解 自分をアップデートする 仕事のコツ大全』

著者:金沢悦子/講談社刊

pattern_1
シリーズ累計15万部突破の最新刊。「困った」「モヤモヤ」「心が折れそう」……そんな状況を打破して、仕事がはかどる! 毎日が楽しくなるワザを教えます!

新人はもちろん、中堅ビジネスマンでも判断に悩んでしまう、様々なシチュエーションを乗り越えるコツを、スキルアップ&キャリア養成のプロが伝授。読めば昨日とは違う自分になれる、自分をアップデートするヒントが満載です!

プロフィール:金沢 悦子(カナザワ エツコ)

株式会社はぴきゃり代表取締役。はぴきゃりアカデミー代表。統計心理学i-colorエグゼクティブトレーナー。
1991年、株式会社リクルート(現株式会社リクルートホールディングス)に入社。営業に従事し、新人MVP賞を受賞。
1994年、株式会社キャリアデザインセンターに創業メンバーとして参画。広告営業で同社初、売り上げ1億円を達成。広告営業局局次長、広報室室長を歴任するも、仕事との距離感がつかめずに心と体を痛めてしまう。この体験をきっかけに、「幸せに働くってどういうこと?」という問いへの答えを求め、2001年、日本初の総合職女性のためのキャリア転職マガジン『ワーキングウーマンタイプ(現ウーマンタイプ)』を創刊、編集長に就任。編集長時代、5000人以上の女性を取材し、ハッピーキャリアを見つけるための4つのステップを体系化する。
2005年に独立し、有限会社フォーウーマン(現株式会社はぴきゃり)を設立。2011年、女性のためのキャリアの学校「はぴきゃりアカデミー」開校。「年間300人以上の女性たちを「ココロとサイフが満たされる仕事発見」へと導いている。
 
26 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ