仕事・働き方
#おしゃれOLさんのスキルアップ

プレゼンや婚活…「手応えがあったのにダメだった」ときやりがちなNGなこと。“話し方”を磨くコツとは?【青木源太インタビューvol.2】

元日本テレビのアナウンサーで、2020年10月からフリーアナウンサー、司会者として活躍する青木源太さん。with onlineでは、趣味の一つである「投資」について語っていただく記事を連載中ですが、そんな青木さんがこの度、書籍を発売! 『口ベタな人ほどうまくいく たった1日で会話が弾む! 話し方のコツ大全』(宝島社)は、口ベタな人や、コミュニケーションに悩んでいる人に向けた一冊。青木さんが日テレアナウンサー時代に学んだことや経験から、会話が弾む方法や相手にきちんと伝える方法などを紹介しています。発売を記念して、青木さんにインタビューを実施。全3回にわたってお届けします。

第2回目は「話し方」で気を付けていることについて。実は考えすぎるあまり、話すこと自体が怖くなってしまった時期もあったそう……。どのようにして乗り越えたのか、そして話し方で大切なポイントとは?

周りの人の良いところを少しずつ吸収して

――本書では、加藤浩次さんやみのもんたさん、日テレアナウンサー・藤井貴彦さんなど、さまざまな方から受けた影響についてもお話されていますね。

青木源太さん(以下、青木) 基本、影響を受けやすいタイプなんです(笑)。とくに“しゃべり”って、身近な人からうつっていくものですからね。本を書きながら、先輩・後輩や共演者のみなさん、さまざまな方からの影響を受けて今の自分がいるんだなあ、というのを改めて感じました。

――まわりの人たちの良いところを素直に吸収して、自分の力に変えていこうとする、青木さんの姿勢も素敵だなと思いました。

青木 「あの人のようになりたい」みたいなロールモデルを持てることって、それだけで幸せだと僕は思っていて。コミュニケーション能力や話術だけでなく、キャリアアップについて考えるときも、憧れの人の足跡をトレースしていけば、やがて目指している場所に辿りつけるかもしれない。でも今は「ロールモデル不在の時代」といわれていて、誰を目標にしていいかわからない人も多いと思うし、実を言うと僕も、特定の誰かを目指しているわけではないんです。そのかわりに、「あの人の周囲への気遣いはいいなあ」とか「この人のしゃべり方は落ち着くなあ」とか、たくさんの人の良いところを少しずつ吸収していけば、少しずつアップデートしていけるんじゃないかなと思っています。

――そのほうが、究極の理想の自分に近づいていけるような気がしますね。

青木 吸収しようとするときには、必ず自分なりの解釈が入ってしまうし、100%真似できるものではないですしね。本にも書いたように、池上彰さんや林修さんの誰でも分かりやすく説得力のある話し方というのは、長い時間をかけて蓄積された知識と経験に裏打ちされているものだし、もともとの才能もあると思うので、簡単には近づけませんから。

話すこと自体が怖くなってしまった時期もあった

――前回のvol.1では、「話し上手は聞き上手」ということで、“聞く力”についてうかがいましたが、「話し方」で青木さんが気をつけていることはなんですか?

青木 テレビという不特定多数の方が観る媒体で、誤解が生じないように話すことがいかに難しいことかは、アナウンサーになって最初に痛感しましたし、今も気をつけているところではあります。たとえば、天気のいい日にはなにげなく「晴れてよかったね」と口にしてしまうけど、農作業をされている方は雨が降ってほしいと切に願っているかもしれない。そんなふうに、想像力が足りなくて誰かを傷つけてしまうかもしれない……ということを考えすぎて、話すこと自体が怖くなってしまった時期もありました。

――どんなふうに乗り越えたんですか。

青木 とにかくやり続ける、しかないですよね。怖さは緊張も呼ぶけれど、そういう場で話し続けることで、学べることもある。この本を執筆するうえで編集者さんと打ち合わせしているとき、わりと皆さん、「緊張感=敵」だと思いがちなんだなと知って驚いたんですよね。

僕は「緊張するのは失敗したくない、相手からよく思われたいという気持ちの表れだ」と加藤さんに言われたのをきっかけに、少しずつ気持ちをコントロールできるようにもなりましたけど、もともと緊張すること自体が悪いことだとは思っていなくて。むしろしゃべりを成長させてくれるので、たとえば朝礼での挨拶とか、結婚式のスピーチとか、緊張感のある場で話す機会があるなら、率先して引き受けたほうがいいと思います。
次のページ>>「手応えがあったけどダメだった」は一方通行のコミュニケーションだから  
22 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ