仕事・働き方
#おしゃれOLさんのスキルアップ
14.Mar.2020

“麿さま” が優しく説く!女子の「ニュース理解力」の磨き方

時事ネタに無知でもOKなのは学生まで!? 社会である程度の経験を積んだ女子は、幅広いジャンルのニュースをチェックしておかないと職場や合コンで評価が下がることも。そこで……!!

“麿さま”こと登坂淳一さんにインタビュー

「情報収集を習慣にすれば、どんな時事問題も語れるようになります」
「無関心はもったいない。政治のニュースも追い続けると面白いですよ」

フリーアナウンサーになる前から報道番組を中心に活躍してきた登坂さんに、“ニュース理解力の磨き方”をインタビューしました!
pattern_3
フリーアナウンサー 登坂淳一さんProfile 1971年6月10日生まれ。東京都出身。1997年、NHKに入社。アナウンサーとして「おはよう日本」、正午のNHKニュースなどを担当。気品のある風貌から「麿」と呼ばれて人気を博す。2018年1月、フリーに。最近は公式YouTubeチャンネルでの朗読企画が話題沸騰中。

普段、どんな方法で最新のニュースをインプットしていますか?

基本的にはテレビとネットで情報収集しています。まずは毎朝、各局の報道番組をザッピングしながら主要ニュースをチェック。コメンテーターの意見よりも“事実”を効率良く拾いたいときは、やはりNHKにチャンネルを合わせることが多いですね。気になったポイントは、移動中などに各新聞のサイトにアクセスして論調を見比べています。

難しそうな時事問題を素早く理解するためのコツはありますか?

何事も「継続は力なり」です。毎日ニュースに触れて、情報収集を習慣にすることが 一番の近道だと思います。今は、各局が新型コロナウイルスの最新情報を報じていますよね。ひとつの事象の経緯を追うことで、どんな状況なのか、今後は何が懸念されているのか、全体像が分かってくるものです。だから、とにかく自分の生活リズムの中に情報収集する時間を入れることが大切。メイクをしながら、ニュース番組を流しっぱなしにしておくだけでも良いかと。細かく知ろうとして意気込みすぎると、入り口で挫折することもあります。最初は「ふ〜ん、こんなこともあるんだ」ぐらいで、概要をつかむことがポイント。それを毎日やっていると、どんなことでも自分なりに理解できるようになるはずです。

「自分には関係ない」と思っても、政治や経済のニュースは知っておくべきですか?

社会や国の動きに対して無関心になってしまうのは、もったいないことだと思います。それこそ政治家は日本の代表として国の方針を決めているので、そこに目を向けることは自分の価値観や生き方を見つめ直すことにもつながります。選挙で投票するにしろ、しないにしろ、社会との接点を意識しながら暮らすべきなのではないでしょうか。

幅広い時事問題に詳しくなると、人生が楽しくなるものでしょうか?

池上彰さんの解説を聞くと、複雑な問題が面白く感じるじゃないですか。それを自分でできるようになれば、世の中の見え方が変わると思います。上司との会話にも困らなくなって、職場での見られ方も変わるはず。まずは“広く浅く”でいいので、コツコツと情報収集を続けることから始めましょう。

▼カンニング竹山さんの鬼の叱咤激励編もチェック!

撮影/朝山啓司 ヘア&メイク/林達朗 スタイリスト/三島和也 取材・文/浅原聡 ※再構成 with online編集部
 
18 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ