仕事・働き方
#おしゃれOLさんのスキルアップ
02.Jul.2019

【社会人マナー講座 vol.1】知らなかったら恥ずかしい! 正しい電話応対の基本の「き」

社会人として働いている中で、「あー、この人世間知らずだな…」なんて思うときありませんか? 第一印象を決める材料として「見た目」もあるかと思いますが、「常識やマナーを知っていること」も重要なポイント! 常識やマナーがあれば“ちゃんとしている”と思われて、信頼度もアップします。

もしかしたらあなたも、知らないうちに“常識がない人”って思われているかも……。今さら聞けない、社会人の基本的マナーを『図解 社会人の基本 マナー大全』からご紹介します!

第1回目は「電話のマナー」。用件が終えたらすぐに切ったりしていませんか? これを読んで自分の普段の行動を見直してみましょう!

電話はかけたほうが先に切ること!

こちらが「失礼いたします」と言うか言わないかのうちに、先に電話を切ってしまう人っていませんか? 用事があって電話をしてきているのですから、かけたほうが先に切るのが基本です。

しかし、電話の相手が目上の人や大切なお客様の場合には、相手が電話を切るのを待ってからゆっくりと切りましょう。

一方的に伝えたいことを伝えてさっさと切るといった失礼を防ぐためにも、「用件は以上です。ありがとうございました」と話を終えたら、2つ、3つ数えるくらいのタイミングで受話器を置くクセをつければ、好印象につながります。

途中で切れたらかけたほうがかけ直すこと!

電話をかけて、指名した人に取り次いでもらう途中で電話が切れてしまったとき、どうすればいいでしょうか。

自分のミスのときはもちろん、相手の操作ミスなどで電話が切れてしまったときも、基本的には用件があって電話をかけたほうがかけ直します。

かけ直して相手が出たら、「電話が切れてしまったようで申し訳ありません」とひと言お詫びをすれば、きっと先方も気持ちがいいでしょう。
次のページ>>「知らなかったら恥ずかしい! 基本の「き」電話対応マナー」
27 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ