学び・仕事
#おしゃれOLさんのスキルアップ

【感染症対策】備えておくべきセルフケアリストと二次感染を防ぐための3ポイント。一人暮らしの場合の注意点は?

突然の自然災害や、街中で起きる事件、SNSでの災いまで、私たちの日常生活にはリスクがいっぱい。なにかと不安な世の中だからこそ、働く女性のための防災の知恵をまとめました。“もしも”のために、知識とモノの備えを始めましょう!

いつ誰が発症するかわからないから【感染症】に備える

新型コロナウイルスをきっかけに高まっている、感染症への対策意識。もしも感染したときは、あるいは家族が感染したときのために、知っておくべきこととは?

教えてくれたのは 石垣泰則先生

コーラルクリニック名誉院長。在宅医療に熱心に取り組んでいることで知られる。
pattern_1
「一人暮らしの人は頻繁にオンラインでコミュニケーションを取ること。新型コロナウイルスは急に症状が悪化するので、一日2~3回は連絡を。感染力の強いオミクロン株には特に注意」

家で備えておくべき【セルフケアリスト】

■水、栄養ドリンク

■マスク

■消毒用アルコール

■解熱剤
使用期限の確認を! 病院で処方してもらったものは、通常は2年ぐらいは大丈夫です。

■栄養が豊富な食品など
具材の多いレトルト食品や冷凍食品、また栄養ゼリー、サプリメントなどがオススメ。

二次感染を最低限に【家族が感染したときの3ポイント】

①換気/消毒はとにかくこまめに

5~10分ほど窓を全開にして閉める、というのでもOKですが、冬場は寒いので、エアコンをつけたまま10~15㎝ほど窓を開けておくのがオススメ。ただし開けるのは1ヵ所ではダメ。対角線上の2ヵ所を開けて、空気の流れを作ってください。

②共有するモノはしっかり除菌

新型コロナウイルスはアルコールや洗剤に弱いので、感染者が触れたモノもしっかり洗えば大丈夫。時間が経つと活性が弱るので、下着などはビニールに入れて少し置いてから洗う。食器から感染する可能性もあるので、紙コップや紙皿は常に用意!

③接触は最小限にゾーニング

感染している人と、していないと思われる人とで生活の場をしっかり分ける。感染者は個室にとどまり、食事は一人でとること。お風呂も我慢してもらい、トイレ後は必ず消毒を。看病する人は一人に限り、なるべく感染者との接点を減らすことが大事です。

続きはwith3月号をご覧ください!

■こちらの記事もおすすめ

イラスト/オータニア 取材・文/山本奈緒子 ●再構成with online編集部
26 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ