学び・仕事
#おしゃれOLさんのスキルアップ

【心も体も楽にする】これからの共働きのカタチ

働いた後に家事と育児。心と体が疲弊する毎日ですが、きっと私た ちに合った“楽になる方法”があるはず! 読者や識者に聞いた3 STEP をもとに、これからの私たちの暮らしを考えてみませんか?

お話を伺ったのは、社会学者 筒井淳也さん

1970年生まれ。立命館大学産業社会学部教授。家族社会学などを専門とし、『仕事と家族』をはじめ共働き社会をテーマとした著書多数。

【STEP 1】意外と知らない国や自治体の支援〜共働きのための制度を使う〜

国や自治体の支援は、情報が得づらく見落としがちですが、意外と便 利な施策が揃っているとか。まずは読者も使っている2つをチェック!

海外と比べて 、実は共働き家庭を支援する日本の施策は充実しています。まずは自治体や 国のHPをチェックしてみて。(筒井さん)
pattern_1

☆子育て支援パスポート

子供がいる家庭が、対象の店舗で各種割引・優待サービスを受けられ るパスポート。「ミルクのお湯やおむつ交換の場所提供」など、嬉しい外出サービスもある。

こんな人におすすめ

A.乳幼児と外出時 、 サポートがほしい
B.子供とよく買い物や外食に行く

☆ベビーシッター補助制度

保育所などに入所できるまで、お得にベビーシッターを利用できる制度。待機児童となった 0〜2歳児の子供のいる方、1年間の育児休業の後復職する方が対象。

こんな人におすすめ

A.子供が待機児童になってしまった
B.出産後1年経ったら働き始めたい
次のページ>>代行サービスとアプリを使いこなす
52 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ