仕事・働き方
#おしゃれOLさんのスキルアップ
24.Sep.2019

上司からの頼み事、無茶ぶり…こんなときどうする!? 困ったシーンでの上手な断り方【敬語・話し方のキホン vol.7】

誘いを穏便に断る基本フレーズ

個人的な誘いだとしても、仕事関係の付き合いが絡むと断りにくいもの。気がすすまないのが本音でも、理由は自分側の事情ということにしましょう。言葉通りに受け取られるかどうかは別として、それが気づかいだと理解してもらえるはずです。

【例】会社に出入りする業者のしつこい勧誘を断るときは…

「熱心に説明していただいたあとでお断りするのは心苦しいのですが、実は、親戚が同業者なのです……」

【例】取引先からの過分な接待を断るときは…

「お世話になっているのは私どものほうですから。次にお願いしにくくなりますので、どうかご勘弁ください」

【例】ごちそうしたいという取引先からの誘いを断るときは…

「◯◯さんにごちそうになっては、私が上司に怒られてしまいます。今日のところは割り勘でお願いします」

【例】退職して事業を始めた元同僚の誘いを断るときは…

「ありがたいお話ですが、私では力不足です。でも、私でお役に立てることがあれば、いつでも声をかけてくださいね」

無理な頼み事を断る基本フレーズ

【例】担当取引先への訪問時、先方の提案に即答を求められたら…

×「私はお返事できません。上司に直接聞いていただいたほうが早いです」
○「本日伺ったお話は、一旦社に持ち帰らせていただいてよろしいでしょうか?上の者とも相談のうえ、改めてご連絡申し上げます」

「上司に直接~」では何のための担当なのか、と思われてしまいます。取引先に不安を抱かせてしまうような言い方は要注意!

【例】新規取引先から無理難題を持ちかけられたら…

×「時間、予算……思いついただけでも、この件は、物理的に難しいかと思います」
○「ご期待に添えるかどうか、今伺った限りでは、難しいところではありますが……。上司を交えて前向きに検討いたします」

「物理的に難しい」は、ビジネスマンが断る時の常套句。現実的に不可能というニュアンスが伝わればよいが、年配者には避けたほうが無難です。とくに付き合いの浅い人には、丁寧でオーソドックスな言い方をしましょう。

【例】相手に 「私の顔を立てて」 とその場で決断を迫られたら…

「どうかご無理をおっしゃらないでください。◯◯さんは、これからも長いお付き合いをお願いしたい方と思っています」

言葉は丁寧でも、時には毅然とした態度できっぱりと断りの意思を示すことも大切です。
次のページ>>「上司からの頼み事を断る基本フレーズ」  
61 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ