仕事・働き方
#おしゃれOLさんのスキルアップ

「今の働き方が幸せ」と答えた人は何%?新時代のビジネスリーダーが考察する「2021年の働き方」

ウィズコロナ2年目、私たち的働き方の基準は「自分軸」でした

WC(ウィズコロナ)時代も2年目に突入。仕事のやり方も費やす時間も“自分軸”で管理するためのさまざまなコツが見えてきた。みんなの新常識として確立されたルールや、今後の課題は?

ビジネスリーダーのアドバイスやwithLabメンバーのリアルな声を交えて精査します!

withLabメンバー80名が回答! 4つのQ&A 

pattern_1
この一年で、価値観や既存のルールがガラリと変わったよう。それに対して、幸せと感じている人が約7割と、ニューノーマルな働き方をポジティブに捉えている。

「自分が心地良く生きるために」「幸せと向き合うために」といった自分軸でとらえながら、社会と関わっていくカタチが新ルールの大前提になりそう。
pattern_1
pattern_1
pattern_1
pattern_1
■不満のある仕事を続けるよりも、純粋に好きなことをしたいと思った(営業・27歳)

■通勤時間がなくなり、生活に余裕ができた(IT・25歳)

■家族や友達に改めて感謝している(接客・26歳)

■本業以外のスキルも磨いてみたくなった(事務・30歳)

■休むことの大切さを実感した(企画・29歳)
次のページ>>新時代のビジネスリーダーが「2021年の働き方」を考察  
27 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ