仕事・働き方
#おしゃれOLさんのスキルアップ
13.Mar.2020

すみれ「どんどん言葉にして『日常の自分に気づく』!」【「自分探し」に疲れた人への処方箋】

SNSの広がりとともに、「自分らしさ」を持つことが最重要課題のようになりつつある昨今。そのため気づけば、“自分らしさ=キャラ立ちすること”と誤解され始めている気がします。“自分らしさ”とは決して強烈な個性でもなければ、周りから見て分かりやすいものとも限らないはず。本当の自分らしさの見つけ方とは?

「キャラ」や「らしさ」から自由になった人の話。《すみれさん》

ハワイの人は日常の自分に気づくことを大切にしているんです
「私はハワイから来てポカポカした雰囲気だったし、日本語も堪能じゃなかったから、おバカとか天然といったキャラクターを求められてしまって。自分もそれを笑いに生かしていたけど、どこか期待にこたえようと無理していたのかもしれませんね。体調を崩して仕事をセーブしたのを機に、もっとありのままの自分でいようと考え直したんです」
 
そう語るすみれさんは、2016年に少しお休みをもらい充電。4ヵ月後に復帰したときには、以前とは違うどこか吹っ切れた表情になっていました。

「ハワイの人は〝self awareness〞といって、日常の自分に気づく、という精神を大切にしているんです。『自分はこうなんだ』とか『こうしたいんだ』ということに逐一気づき、それを外に発散することが大事だ、と。日本に来て忙しくて、ちょっとそこを怠っていたのかな。だから今は、思ったことは些細なことでもどんどん言葉にするようにしています。『私は緑茶が好き』とか、『今日乗ったタクシーの運転手さんが感じ悪かったー!』とか(笑)。そして全部、友達や家族に話す。そうやっていると、自然と本当のキャラが立ってくると思うんですよ」

今でも「もっと見た目が良くなりたい」など、上を目指して落ち込むことはしょっちゅうあるというすみれさん。でも「self awareness」を心がけているから、そんなふうに落ち込んでいる自分にもすぐに気づき、「この自分で充分だ」と原点に立ち返ることができるそうです!

《処方箋》どんどん言葉にする!

私が〝self aw areness〞のために小さい頃から続けているのが、日記を書くこと。「今日は緑茶カフェに行って、私は本当に緑茶が好きなんだなあと感じた」とか、できるだけ素直な気持ちを書くようにしています。日記は本当にオススメ。書いたり読み返したりすることで、「自分はこういう人間なんだな」と見えてきますよ!
pattern_3
すみれさんProfile 1990年7月15日生まれ。東京都出身、ハワイ育ち。女優・歌手として日本のみならず海外でも活躍中。4月7日(火)より日生劇場でミュージカル「ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」に出演をする。

▼こちらの記事もオススメ!

---
↓↓↓
「必要なのは女性同士の連帯と自分インタビュー」【「自分探し」に疲れた人への処方箋】
取材・文/山本奈緒子 ※再構成 with online編集部
 
15 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ