仕事・働き方
#おしゃれOLさんのスキルアップ
17.Sep.2019

【敬語・話し方のキホン vol.6】NGな断り方・謝り方〜かえって相手を怒らせちゃうかも!?〜

社会人として働いている中で、「あー、この人世間知らずだな…」なんて思うときありませんか? ビジネスの場なのに、友人と話すようなくだけた言葉づかいをされたら嫌ですよね…。言葉づかいには、その人の人柄が表れるもの。好印象を与えるのも、悪印象になってしまうのも自分次第なのです。

もしかしたらあなたも、知らないうちに“常識がない人”って思われているかも……。今さら聞けない、敬語・話し方の基本を『図解 社会人の基本 敬語・話し方大全』からご紹介します!

第6回目は「断る時・謝る時の言葉」についてです。ビジネスシーンで「断る」「謝る」場面は避けられません。相手を不快にさせないように、良い言い回しができるようにしましょう。

相手を不快にさせない! 断る時のキーワード

相手を不快にさせないために、以下の4つに注意しましょう。

・日頃のお付き合いへの感謝の言葉
・お詫び+NOの意思表示
・引き受けられない理由
・代案を示す

【NGな断り方】①YES・NOがはっきりしない

【例】先輩から残業して仕事を手伝ってほしいと頼まれた

×「残業してもかまいませんが、もしかしたらできないかもしれません」

○「できることならお手伝いしたいのですが、今日だけは申し訳ないのですが、ご勘弁ください」

【NGな断り方】②断る理由がはっきりしない

【例】取引先が納期のくり上げを申し入れてきた

×「検討はしてみますが、たぶん無理です」

○「当社もギリギリのところでやっておりまして……。ご理解いただけると助かります」

【NGな断り方】③相手側に非があるようなもの言い

【例】取引先に追加注文の取り消しを告げる

×「あの商品は品薄で納入が間に合わないかもしれないとおっしゃっていましたよね。だから、追加はキャンセルすることになりました」

○「大変申し訳ございません。こちらから無理をお願いしておきながら心苦しいのですが、今から追加注文の取り消しはできますでしょうか?」

【NGな断り方】④問題解決の出口が見えない

【例】取引先から相談にのってほしいと頼まれた

×「お話を聞くまでもなく、私ではお力になれそうにありません」

○「本日のところはひとまずお話を伺うだけでもかまいませんか?私でお力になれるかどうかわかりませんが、上司にも相談してみます」
次のページ>>「相手が納得してくれる! 謝る時のキーワード」
32 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ