仕事・働き方
#おしゃれOLさんのスキルアップ

起業を叶えた3人のアラサー女性が明かす“裏話” 本当にやりたいことを実現できたきっかけは?

わたしたちの“きゅん”ビジネス

さまざまな分野で自分の本当にやりたいことを実現している女性たち。どんなときめきがきっかけでビジネスをはじめ、何に悩み、何を目指しているのかを聞いてみました。

アジア人として、アジアのファッションを広めたい!

SIXTYPERCENT共同創業者 松岡那苗さん(28)

アジア10ヵ国以上、250ブランドを集めたハイストリートECを展開
pattern_1

やりたいことに手をあげ続け見つけたニッチな成長市場

「前職はラグジュアリーブランドのデジタルマーケティング部門に在籍したり、日本に上陸したいアジアのファッションブランドをサポートする仕事をしていました。職業柄アジアをまわる機会も多く、アジア各国のファッションに対する熱量を肌で感じてきました。

日本国内のファッション市場は成熟していますが、アジア全体としては成長市場。私、ニッチな市場にワクワクするタイプなんです。いつか独立したいと思っていたタイミングで、共同経営者の真部に出会い、私はブランドマネジメント、彼は経営面という得意を生かした分担で会社化しました。

日本人って世界だとアジア人として括られることが多いのですが、“アジアはファッションの生産国でクリエイティブを牽引している地域ではない”という偏見を覆したいという反骨精神もあります。

ベトナムなど、技術やデザインが高い国はたくさん。SIXTYPERCENTをアジアのブランドだって世界に通用するということを知らしめるプラットフォームにしたい。今は、アジスト(アジアンストリート)の動詞化が目標です」

SIXTYPERCENT

pattern_1
2018年のローンチ以降、アジア10ヵ国から250ブランド以上を集め、日本未上陸の話題のアジアブランドがいち早く手に入ると瞬く間に話題に。ブランド直契約によって現地価格とほぼ同水準での販売を行い、コロナ禍の今、熱い支持を得ている。
pattern_1
BLACKPINK・ジェニーの愛用ブランドとして世界的知名度を誇る、新進気鋭の韓国ブランド「NIEEH」(ニヒ)を日本で初めて取り扱い。日本のみならず、アジアやヨーロッパからの購入依頼が後を絶たない。

松岡さんのビジネスHISTORY

高校時代 ​英語を習得するため、ペンパルでドイツ人の恋人を作り現地での滞在資金を作るため、海外でインターンを行う

22歳 リクルートに就職。グローバル事業開発グループでマニラ勤務に

23歳 ラグジュアリーブランドへ転職、Eコマースを運営

26歳 マレーシア発のストリートブランドNERDUNITの日本代表に

27歳 1年の準備期間を経て、共同経営者とSIXTYPERCENT を立ち上げる

松岡さんにさらにお話を伺った「with online特別記事」も近日公開予定です。お楽しみに!

次のページ>>好きなことを発信し続ければ声をかけてくれる人がいる!
52 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ