仕事・働き方
好きを仕事につなげたひと
17.Jul.2020

「誰かにとっての身近な先輩でありたい」インスタグラムで“仕事術”を発信するayaさん【同世代の輝く女性クリエイター】

社会人マナーは現場で学んだ

ayaさんのフィードで「社会人マナー」についての本が一冊できそうですよね、いったいどこで勉強されたんですか? と尋ねると。

「基本的には日常生活の中で得たものがメインになっていて、マナーの専門書などはほとんど読んでいません。仕事上、お付き合いするお客様が法人の方なので、よりしっかりしたお作法を身につける必要がありました。先輩方の背中を見たり、逆にお客様がメールで使っている言葉が素敵だなって思ってそれを真似したりだとか……。現場で学んだことを私なりにアレンジして発信しています」
pattern_1
しかも、思いついたことをインスタに投稿するため、常に思いついた投稿ネタをメモしているんだとか。

「バスに乗っていて気づいたことや、お手洗いに行って気づいたことなどを忘れないうちにメモするため、携帯のメモアプリに随時思いついたネタを書き込んでいます。暇な時に10〜20個くらい投稿したいネタを溜めるようにしていますね。1週間に5〜6ネタほど投稿しているんですが、定時で家に帰った後、一人暮らしなので結構時間があって……。寝るまでの時間で投稿とコメント返しなどをしています。それが自分にはちょうどいいんです」

画像加工は大学院での知識を応用

「インテリアを学びたいと思って、建築の大学・大学院に進みました。ポスターに文字を入れるなどのデザインについては大学時代に少し勉強していたので、それを応用して画像作りをはじめました」とayaさん。

現在、画像加工は携帯のアプリを使用しているそう。フィルター用、文字入れ用、写真加工用を組み合わせて作成しているのだと言います。また、女性誌を見てデザイン的な要素を勉強することもあるのだとか。
Login 窶「 Instagram (745610)

発信する内容で気をつけていることを伺うと、「季節によって投稿内容を変えています。2月、3月は引っ越しされる方や新入社員になる方が多いので、引越業者の選び方や新入社員の心得、初日に持っていくべきものなどを投稿します。これからの季節ですと、夏のOLの持ち物などを投稿するつもりです」とayaさん。
次のページ>>SNSへの投稿のきっかけは「節約のため」!?  
43 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ