仕事・働き方
好きを仕事につなげたひと
10.Oct.2019

【くみっきーvol.5】ファッションと美容の力……そして将来叶えたいこと

モデル、そしてファッションや美容の専門家として幅広く活躍するくみっきー(舟山久美子・28歳)さん。ファッションや美容の力で感じていること、そして一人の女性として将来に向けて考えていることについて、じっくりお聞きしました!

数よりも、質を重視するようになりました

洋服って、年齢とともに少しずつ手に取るものが変わっていきますよね。

「昔はこんなテイストが好きだったけれど、最近、なんだか似合わない気がしてきた」と、悩むこともある。「もう10代ではないし、こういう洋服やメイクって似合わないかな?」とちょっと躊躇したり(笑)。

でも私個人的には、自分が好きなファッションのポイントって、年齢をいくつ重ねても変わらないんだろうなと感じます。

例えば、色味やボリュームのほか、かわいらしく見えるものなのか、スマートに見えるものなのか。そういった自分のお気に入りポイントは、大人になってもずっと好きなはず。自分の年齢や雰囲気とうまくバランスを取りながら、お気に入りポイントを上手に取り入れていけたらいいですよね。

昔は、洋服は数があればあるほどいいと思っていた時期もありましたが、最近は、お気に入りのものを何点かそろえて、それを組み合わせながら、小物をプラスするのが楽しい。数よりも、質を重視するようになりました。

一回にやることがたくさん詰まっていて、「ああ、仕事に行く足が重たい……」と感じる朝って、たまにありませんか? 私はそんなとき、「よし! 今日は休みの日の格好でいこう」と、リゾートファッションで会社に行ったことがあります(笑)。ワンピースと大きな麦わら帽子をかぶって、もうそれだけでテンションアップ! そして会社についたら、打ち合わせなどもあるので、急いで着替えるんですけどね(笑)。

カラーシャドウを入れたり、ラメを入れてみたり、メイクでも気分を変えられる。そうやってファッションやメイクで気分を変えることができるのは、女子の特権だなあと思います。
次のページ>>「いつか家族ができたら、子どもと一緒に仕事に行ってみたい」
20 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ