学び・仕事
好きを仕事につなげたひと

【田舎の“パギャル”が起業するまで】女性起業家・生駒幸恵「いかに会社を説得するかがカギ」一会社員として“好き”を仕事にする方法とは?【短期連載vol.2】

「在庫の取り合いで、店舗とケンカしていました(笑)」

SNS効果でECサイトの売り上げが倍増

ただ、フォロワーを増やすためにはファンの人にもインスタグラムを知ってもらい、アプリをダウンロードしてもらう必要がありますよね。そこで、リエンダガールズのインスタグラムの可愛い写真をたくさん並べてデザインしたペーパーを店頭で配布したんです。本来なら配布物ひとつを作るにも、外注すると経費がかかり、デザイナーにも時間を割いてもらわなくてはならないので、当初はなかなか承認をもらえませんでした。

そこで「デザインから入稿までのすべてを自分でやるのでやらせてください!」とお願いして、なんとか完成。その甲斐あって、たくさんのお客さんにインスタグラムのことを知ってもらえました。この時ばかりは「グラフィックデザイナーでよかった〜!」と思ったのを今でも覚えています(笑)。ようやく専門学生時代の経験が活きました。そして次第にインスタのフォロワーが増えていき、社内でも「リエンダだけSNSに強い」という見られ方をされるように

その頃からSNSを活用した他ブランドとのコラボレーション商品の開発が始まったりしたのですが、一番大変だったのが在庫の確保。まだまだ店舗が第一優先の時代だったので、ECサイトにはごくわずかな在庫しか置かせてもらえなかったんです。だからMD(マーチャンダイザー)部署との間に入り、ECサイト分の在庫を増やしてもらえるよう交渉し、SNSで発信した商品がいつでもECサイトで買える体制作りを徹底させました。すると、ECサイトの売り上げもあっという間に1日で1000万円を超えるようになりました。

ECサイトよりも店舗が最優先だった当時の風潮にも変化が現れ始め、オンライン限定の商品開発をしてくれるまでに。その頃には、他のブランドからも「ノウハウを教えてほしい」という依頼が来るようになり、最終的に社内の全ブランドのSNSを統括する部署の設立を任されることになりました。
次のページ>>独立のきっかけとなったテレビ出演と多数のオファー
25 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ