仕事・働き方
好きを仕事につなげたひと

【田舎の“パギャル”が起業するまで】女性起業家・生駒幸恵「起業しても会社員時代から大事にしていること」SNSコンサルタントの仕事とは?【短期連載vol.3】

“ギャル全盛期”に人気ブランドを抱えるアパレル会社にて10年間本社勤務、その後SNSコンサルタント会社を起業。現在はアパレルのみならず、さまざまな企業やタレントのSNS指導を行うコンサルタントとして活躍する生駒幸恵さん。「好きを仕事にしたい」という夢を掲げる人が多いwith世代にとって、一歩目を踏み出すためのヒントを探るべく、短期連載でインタビュー!

第3回目は、前職のアパレル企業から独立した生駒さんが実際に行っている「SNSコンサルタント」という仕事の内容について聞いてみました。

SNSはその企業の“点”ではなく、ひとつのビジネス

私の現在の仕事内容について少しお話しできればと思います。現在は企業さんからご依頼をいただいて、その企業に“SNSのノウハウを置く”という仕事をしています。「フォロワーを増やす」「エンゲージメントを上げる」ためにコンサルするのではなく、「持続可能な」SNS運用の体制をその企業さんの中で整えるのが最終目標でもあるので、“置く”という表現をしています。

はじめに、SNSの担当者を設けてもらうところから始まるのですが、「なるべくデジタルに慣れている方を担当にしていただくのがおすすめ」ということからお話しして、「SNSで成功するためにはこういうことをするのが理想です」というパッケージの提案をします。そしてその担当者と日々連絡をとったり、実際に会ったりして、「このビジネスだったらこうやりましょう」「写真はこうしましょう」「ECサイトへはこう送客しましょう」などと、話し合いながら一定期間にわたりSNS運用を一緒に行い、ノウハウをお伝えします。

企業のSNSを単なる“点”として見るという話ではなく、その企業の「ひとつのビジネスとしてSNSを使うためには、こういうやり方がいいですよね」というのが私の考え方だから、“オーダーメイド式”ともいえるのかもしれません。SNSだけではなくECサイトのシステム構築も一緒にやるし、販促物の計画もやる。企業さんによってケースバイケースで、「SNSを自走させるためにはどうするか?」ということのご提案を日々行っています。
次のページ>>やり方は千差万別。合致するパートナーを見つけることが大事  
28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ