withonlineロゴ
イマドキ夫婦の十人十色

出会いから20年経っても喧嘩は皆無。家事と育児、仕事を両立する妻が夫婦円満のために課しているマイルールとは?【イマドキ夫婦十人十色vol.12小口さおりさん夫婦の場合】

仕事

小口さおりさん(36歳 金融系事務職)

□夫:公務員36歳
□出会い:高校の同級生
□交際期間:12年
□入籍:2012年12月(さおりさん27歳、夫27歳の時)
 

出会った瞬間から波長が合うと感じた運命の人

小口さおりさん(以下「さおりさん」)と夫は高校の同級生。お互いに本格的に付き合った初恋の相手だった。彼とは初対面でも緊張せずに話せ、会話が途切れても気まずくならなかったところに運命を感じたそう。

「本当に気が合うって、こういう人のことをいうんだろうなって、彼に出会ってわかりました。その当時はまだ高校生だったので、結婚願望があったわけではないけれど、こういう人と結婚できたら幸せだろうなって思ったりして……」

高校卒業後は別の大学に進学したけれど、お互いの自宅が近いこともあり、同じところでアルバイトをしたり、社会人になってからは、行き帰りの時間を合わせて一緒に通勤したりもした。多くの時間をともにすることで、彼の人となりを知っていった。

自分だけでなく、家族にまで優しい彼とだったらうまくいく

pattern_1
本格的に彼との結婚を意識したのは20代前半のとき。お父さんの死がきっかけだ。さおりさんが一人っ子だったこともあり、お母さんが寂しい思いをするのではないかと思った夫が、計画していた旅行に「お母さんも一緒にいきませんか?」と誘ってくれた。

「その後も旅行の計画が出る度に、母も誘ってくれるように。私だけでなく、私の家族にまで大事にしてくれるところがすごく好印象でした。この人なら子どもができても優しく接してくれるだろうし、うまくやっていけると確信しました」

実際に男の子が二人生まれた今、とてもいい父親になっている。
次のページ>>夫婦円満でいるコツは気持ちをストレートに伝えないこと
36 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS