withonlineロゴ
イマドキ夫婦の十人十色

共働きで家事負担約95%でも育児には手を抜かない!泣く子を置いて働くことに疑問を抱いた妻が仕事にやりがいを感じられるまで。【イマドキ夫婦十人十色vol.17菅原加那子さんの場合】

仕事

菅原加那子さん(36歳・会社員)

【夫婦データ】
□夫:会社員・36歳
□出会い:会社の先輩後輩
□交際期間:1年
□入籍:2013年(加那子さん28歳、夫29歳)
 

プロポーズの言葉は「俺の汚れたパンツ、洗ってみるか?」

菅原加那子さん(以下「加那子さん」と夫は会社の先輩と後輩の関係。入社して数年間は、同僚数人で飲みに行く友だちでしたが、無口で余計なことを言わず、人の話をニコニコして聞いている彼に惹かれ始め、加那子さんから猛アタックを開始。そして、ついに結婚を前提に交際がスタートした。

結婚前提で付き合い始めたものの、1年経っても夫からのプロポーズはなし。業を煮やした加那子さんが、「結婚するの!?しないの!?」と迫った数日後に、うどん屋さんの開店を待つ車内でプロポーズされた。その言葉は、「俺の汚れたパンツ、洗ってみるか?」だったそう。

「私が母から聞いた“結婚とは、旦那さんの汚れたパンツでも平気で洗えること”という話を夫に伝えたら、それを覚えていて、プロポーズの言葉に選んだようです。彼は極端な恥ずかしがり屋さんのうえ、雰囲気を作るのが苦手な人なので、それが渾身の一言だったようです。真冬なのに、汗をかいていた記憶があります(笑)」

一人で決めて夫へは事後報告。“脅し婚”から始まった結婚生活はカカア天下に。

そんな二人の結婚を、周りは“脅し婚”と揶揄することも。結婚して二人の子宝に恵まれた今は、見事にカカア天下になった。子どもの習い事も、旅行のプランも、家を建てることさえも加那子さんが一人で決め、夫には事後報告。強いこだわりのある加那子さんに対し、いい意味でこだわりや物事に興味のない夫は、妻の決めたことに反対することもない。ただ、今まで相談する機会を設けてこなかったことを、加那子さんが少し反省している部分もある。

「子どものことは毎日報告しているものの、子どものことで悩んだときも、一人で調べて子どもとだけ話をして解決してしまったことがありました。今振り返ればちょっと違っていたかなと思うことも……。今後は父親の存在感を強くするためにも、夫との話し合いをすべきかもしれないと思っています」
次のページ>>妻の家事負担約95%!時短のために取り入れていることとは?
32 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS