withonlineロゴ
ぽに「今日も寝落ちです!」

委員長・キャプテンだった人間と、ずっとヒラだった人間の末路

仕事

子供の頃、委員長やキャプテンをすることが、凄くかっこ良いことだと思っていました

忘れもしない、小学校4年生の時。

初めてクラスで『委員長』という存在を選ぶことになりました。

本やマンガでぼんやりとですが存在は知っていましたし、上級生でも『目立つ人』がなっている印象。
子供心に、選ばれたら自分は人気者なのかも・・

何の気なしに、私も立候補しました。


結果は・・
 

圧倒的な投票差で落選

トホホ

クラスの中でも目立つ存在でもなく、と言って煙たがられているわけでもなく、フツーの存在。

なるほど。

自分は皆の代表や上に立ってけん引していく人ではない

残念に思ったことと、「ですよね」と妙に納得しました。
その後、特に立候補することはなく、『ヒラ』街道を突き進みました。

時は流れ・・

現在に至るまで、キャプテンや委員長的な存在になったことはありません。

仮にたまたま近いポジションになったとしても、サポート役のもう1人が仕切っていたと思います。
近年、親しくなった友人の中に、『ザ・キャプテン』という方がいます。

テキパキとした話しぶり。
好き嫌いもハッキリしていて、発言が少し強めの時がある一方で、頼れる存在でもある。
名前は林さん。

たまたま彼女とすれ違った時、話しかけました。
次のページ>>キャプテンな人って、ずっとリーダーキャラなのでしょうか
56 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS