withonlineロゴ
ぽに「今日も寝落ちです!」

新型コロナウィルスが激変させる、サラリーマンの常識・非常識

仕事

一昔前、例えば1990年後半~2000年前半くらいでしょうか

多くの家族が帰宅後の娯楽といったらテレビ。司会者も出演者もどの局も同じような芸能人。

歌番組も同様に、お馴染みの歌手をピックアップ。SMAP、ミスチル、ジュディマリ、小室ファミリーにPUFFY。
若者は共通ソングのごとく流行りの歌を知っており、カラオケも全盛期。
 
ファッションやメイクも、雑誌とテレビを中心に発信され、流行の統一化がしやすい。
とにかく、髪を染めて長くして、眉を細くすればそれなり!
みたいな流行の『テンプレート』がわかりやすい時がありました(テンプレート=定型・ひな形を意味する単語)。

そう考えると、その時代は、若者の流行だけでなく、

サラリーマンにもテンプレートがあった気がします

30代くらいで係長、40代で課長、50代でうまいこといけば部長?みたいな。
お父さんが働き、お母さんは専業主婦で、子供が落ち着いたらパートに出る?という家庭像。

そんな時代を潜り抜けてきたアラフォー、幼少期を過ごしたアラサーの皆様、

元気ですか!?

テンプレート時代を肌で感じていた人間は、ここ10年に起こったスマホやSNSの到来にも、ガッツリぶつかる世代。いや、もしかすると自分はLINEくらいしかやっていないので……という方もいるかもしれません。

もちろん、ご自身は逃げ切れる可能性大ですが、お子さん世代は避けて通るのは難しい。

子供のSNS問題も、なんせ自分の時代になかった文化だから、どう向き合うのが正解なのか……知らんがな! うーんと思ってしまいます。
おっとっと話が逸れてしまったか。ちょっと話を戻しますね。

本日お話したいのは、『サラリーマン』について

年相応に順当に出世し、終身雇用が約束されていた親世代とは時代が変わってきました(特に昭和を引きずる日本企業)。

とはいえ保守的な体制でも、それなりの業績を上げてきた企業も多い。

あと20年くらいはなんやかんやで旧体制かな……アラフォーも逃げ切り? アラサーは厳しいか? と思っていました。
次のページ>>さぁ、どんな時代が待ち受けているのか?
56 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS