withonlineロゴ
ぽに「今日も寝落ちです!」

上司が喜ぶ仕事をするのがサラリーマンの『プロ』なの? 出世街道を昇る人を横目にワーキングマザーが思うこと

仕事
仕事をしていると『アンチテーゼ』な人に遭遇します。関係のない人ならば、程よく距離を取れば良いですが、同じプロジェクト内、しかも立場も上だと、とってもメンドクサイ!一方で、その人にも意見があるようです。うん。むしろ彼らの方が『プロのサラリーマン』なのかも。うーん。聞いてくれますか?

「焦るな。突っ走り過ぎじゃないか。」

はい、また始まったよ~
会議室で天井を見上げるメンバー達。

現在、私はとあるメーカーで研究職をしています。
新卒から働く40代の中堅社員、社内の各種プロジェクトにも入っています。
ヒラ~リーダーまでバラエティーに富んだ仕事に参加中。

で、とあるプロジェクト、
『自由な発想で、今までにない価値を!』
という新しいことを始めるためのプロジェクトなのに、いつも止める方がいます。

「焦るな。突っ走り過ぎじゃないか?」
と。
 
いやいや、それぐらい前のめりの企画が求められてるんじゃないの~?
って思いますが、ヒラばかりのメンバーの中、この人、立場も上なんです。

部長の一つ前くらいのランク

緒方さん(仮名)と申します。
以前より、緒方さんの意見を伺いながら進んでいる所があり、スピード感に欠ける気がしていました。

その割に、ご自分の部署でプロジェクトを普及して下さい。

とお願いしても、「うちの部署にはフィットしないから」と汗をかこうとしない。

なんじゃこいつ

ときおり、呆れていました。
違うタイプの人がいることは財産かもしれない…と考え、立場も上なので尊重はしてきました。

でも、他のプロジェクトに参加するとそんな人いない。
うーん。どう考えても『自由な発想のプロジェクト』に彼はフィットしないのでは?って思っちゃう。
緒方さんがメンバーを動きににくくしてる…と感じることが多々あります。
そんなある日、プロジェクトでアンケートを取ることになり、「各部内で募って下さい!」言われました。

よしきた。
任せろ!

自分の部署に声をかけ、アンケートに協力してもらうことに。

ラッキーなことに40人近い人が協力してくれることになり、プロジェクトのチャットツールにその旨を書き込みました。
次のページ>>はい、この流れをまたブロックする人が…
 
57 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS